STAFF

黒澤邦彦 kuni kurosawa

黒澤邦彦

founder/producer
 

30 年以上にわたる中世ヨーロッパ音楽家としてのキャリアに裏打ちされたマルチ・インストゥルメンタリスト。管弦打楽器をさまざまに操り、ブラジル音楽、ケルト音楽、アラブ音楽、アフリカンポップス、ジャズなど多岐にわたる分野で活動中。

 

中世ヨーロッパの料理と音楽の宴を全国9カ所で開催したり、グレゴリオ聖歌合唱団主宰、同講座講師、 FF9の音楽制作、イギリスの教会合唱団のために古聖歌アレンジおよびラテン語詞制作など多彩な経歴を誇る音楽プロデューサーでもある。

 

これまでにAEORUS、NRP Records両レーベルから計7枚のリーダーアルバムを発表。2009年、満を持して自身のレーベル "tacto rustico" を立ち上げた。

黒澤邦彦 kuni kurosawa
黒澤邦彦 kuni kurosawa
黒澤邦彦 kuni kurosawa
黒澤邦彦 kuni kurosawa
なかもとまさお masao nakamoto

なかもとまさお

engineer/designer

 

カリンバ、ギター、パーカッション(ジャンベ、オブレンテ、カホン、ダラブッカ、フレームドラム、ウドゥ…)を演奏するマルチ・インストゥルメンタリスト。

2008年鎌倉にホームスタジオ(Rootstock Studio)を構え、2010年からはtacto rusticoとして活動。約2年でCDアルバムを20枚以上リリース。タイトル毎にバンド・ユニットを編成し、作曲・編曲からレコーディング、パッケージデザインまでを代表の黒澤邦彦と2人で全てこなしている。

2014年には実姉でアルケミークリスタルボウル奏者のなかもとまゆみとヒーリングサウンドユニットmanaAmanaを結成し活動中。演奏活動と平行してFlow Naturallyのキッズダンスクラス、ビーチベリーダンスクラスや歌と太鼓のクラスなどでリズム&サウンドワーク講師をつとめる。

なかもとまさお masao nakamoto
なかもとまさお masao nakamoto
なかもとまさお masao nakamoto
なかもとまさお masao nakamoto